出世する人は人事評価を気にしない

0
    出世する人は人事評価を気にしない (日経プレミアシリーズ)
    http://www.amazon.co.jp/%E5%87%BA%E4%B8%96%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AF%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%82%92%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B9%B3%E5%BA%B7-%E6%85%B6%E6%B5%A9/dp/4532262658

    柏の葉キャンパスのららぽーとの書店は結構充実していて棚が面白く、
    千葉大に行った際は必ず新刊をチェックしています。

    世羅菜園では、繁忙期200人程度雇用していましたので、人事・労務関係の本を結構読みました。
    また、前職などでも業務の参考にこの種の本は結構読んだものでした。

    課長と部長は昇進の基準が違う。経営者と従業員は違う。
    (経営者は、体験としてこの意味は分かると思います。)
    新入社員で入社して、企業のサラリーマンしかやってこなかった人は、
    課長と部長の違いは、実感として分かりにくいかもしれません。

    有名な「7割は課長にさえなれません」の様に、課長が選抜される傾向ですので、
    課長は昇進時に今や部長の感覚が求められる状況になってきていると思われます。

    http://www.amazon.co.jp/7%E5%89%B2%E3%81%AF%E8%AA%B2%E9%95%B7%E3%81%AB%E3%81%95%E3%81%88%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%9F%8E-%E7%B9%81%E5%B9%B8/dp/4569777015/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1417443436&sr=1-1&keywords=7%E5%89%B2%E3%81%AF%E8%AA%B2%E9%95%B7%E3%81%AB%E3%81%95%E3%81%88%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93

    ◆私の実体験にも近く、読みやすく、団塊ジュニアやそれより若い、「管理職手前」の人にとって、
    おススメの本と思います。

    それにしても、団塊ジュニア(私の世代)は、割に合わない世代だな〜と思います。
    (団塊ジュニア:1971年から1974年までの出生数200万人を超える時期)
    ・・・受験厳しく、入社厳しく、昇進厳しい、銀行や証券会社がつぶれていた時代の
    団塊ジュニア就職活動時期からすると、リーマンショックもそこまで厳しくないと
    思ってしまうのは私だけでしょうか。

    ブログランキングに参加しています。
    解説などが役に立ったと感じた方は、下記バナーのクリックをお願い致します。
    農林水産業 ブログランキングへ
    にほんブログ村 企業ブログ 農業へにほんブログ村

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    人気ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM