時系列RNA-seqデータを用いたトマトにおける体内時刻の推定

0
    時系列RNA-seqデータを用いたトマトにおける体内時刻の推定

    大阪府立大学の福田先生などの研究

    http://www.me.osakafu-u.ac.jp/bioproduction/index.html

    ここ数年、仕事で会社缶詰で行くことが出来なかったので、久々に行ってきました。
    ブームかつ東京でやっている割に企業の人が少なく、意外に感じました。
    理由があるのでしょう。

    非常に面白かったのが、上記の研究。
    これが進むと「遺伝子発現」を見ながら「環境制御設定」を自動で変えていく
    などが可能になると思います。
    例えば、生育最適気温を変えていくなどが将来出来るかもしれません。

    医学分野では色々取り組まれているそうです。
    コンピューターや計測機器の発達でこの様な解析がやりやすくなっているので、
    「人間の五感では得られることのできないデータで植物を操作する」
    時代が来るのかもしれません。
    私の同世代や若手の研究者の活躍に期待!!と思います。

    http://jsabees.agr.ehime-u.ac.jp/~taikai2014/index.html

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    人気ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM